1. HOME
  2. 診療科目
  3. 小児歯科・子供歯科

小児歯科・子供歯科

小児歯科では、歯が生えはじめた乳児から歯が生え変わるまでの歯のトラブルについて治療及び診療しています。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌は存在しません。
虫歯菌は、赤ちゃんをお世話するご両親をはじめとする周囲の大人のだ液からうつります。
感染を防ぐことは難しいですが、食事の際の箸やスプーンの共用を避け、日ごろ接する家族の方のお口を清潔に保つことで感染のリスクを減らすことができます。

お子さんの虫歯や歯肉炎にかかるリスクを減らすためにも毎日の歯磨きと定期的な歯科受診が大切です。

「治療の流れについて」詳しくはこちら

カルナクラブ -キッズクラブ-

こどものむし歯は、お子さまの成長のスピードと同じように、驚く早さで進行するのが特長です。

むし歯になってしまったら、歯を削らなくてはいけません。
こどもは必死の思いで治療に耐えます。

そこでキッズクラブを立ち上げ、今までの『虫歯ができたら治す』治療から『子供のお口を健康に守る』治療を実践しています。

お母さんと力を合わせて、子供たちを守りたいのです。
お子様のお口を健康に育てていきましょう。
こども歯科では、歯医者さんが怖いというお子さまにも適した治療方法など、大人の診療とは違った取り組みを実践しております。

※キッズクラブ(こども歯科予防サークル)」(会費無料)を結成しました。詳しくは院内案内、もしくはカルナメンバーにお尋ねください。

子供のお口を健康に守る

歯がはえてから1~2年はむし歯になりやすく、予防が大切な時期です。また歯並びも完成していく時期です。だから、お口の健康管理がとても大切です。

その第一歩は子供たち自身による歯みがき。でも、それだけではまもることができません。
ご家族の皆さんと私達がいっしょに健康づくりに取り組むことが必要です。

無料 託児(キッズスペース) 完備

小さなお子様をお連れのお母さまが、安心して診察を受けることができるよう院内にお子様がおもちゃや映像で遊べる「キッズスペース」を用意してございます。
お母さまの診察が終わるまで、当院のスタッフが大切なお子様をお預かりいたします。
※ご希望の方は、診察前にあらかじめお電話にてご予約ください。

託児(キッズスペース)イメージ

授乳室 完備

授乳室イメージ小さいお子様を持つお母様が安心して治療や予防を受けられるように授乳室を設置しております。

普段の診療室から離れた2階に設置いたしましたのでご自由にご利用下さい。

小児歯科・お子様の矯正治療

小児矯正は、あごの骨のバランスや大きさを整える1期治療(骨格矯正)と歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)からなる2段階治療があります。

1期治療は、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子さまだからこそできる治療です。
このことでなるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
すべての歯並びの問題が小児矯正の適応ではありません。永久歯が生えそろってから、成長が止まってから治療した方がいい場合もあります。
小学生以下のお子様の噛み合わせ反対の場合、早めの処置が必要です。
1期治療(骨格矯正)・・・3歳~12歳
2期治療(歯列矯正)・・・10歳~成人