1. HOME
  2. 診療科目
  3. マタニティ治療

マタニティ治療

妊婦さんのお口の健康

妊婦中のお口は、ホルモンバランスの変化によって歯ぐきに腫れを起こさせます。
また、妊娠初期に多い、つわりの影響でお口の中が不衛生になりやすいため虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすい環境になります。

妊娠中の歯科治療は妊娠5~8ヶ月ころの安定期に受けること理想的です。 治療を受ける場合は歯科医師に妊娠中であることを伝えて、相談をしてください。

歯磨きができない場合

①奥歯を磨くとえずいてしまう場合
小さめの歯ブラシを使いましょう。
②歯磨き剤の匂いや味が気になる場合
何もつけなくても大丈夫です。
③歯磨きがどうしても気持ち悪い場合
デンタルリンス(マウスウォッシュ)などでうがいをしましょう。食後にキシリトールを噛むのも効果的です。
虫歯菌を抑える作用があります。

出産後のお口の痛み

子供が生まれ、授乳期間に母親がお口の痛みで来院した場合、特に抗生物質に関しては、なるべく使わないようにしています。しかし、あまりに感染が重い場合は抗生物質をご相談の上使用します。

母乳を介して、赤ちゃんに移行するのは微量ではあります。
短期間であれば問題ないと考えられています。

希望を聞き、家族にとってベストな方法で治療を行います。