1. HOME
  2. 篠崎院長の知って得する豆知識
  3. 歯並びの話題について
  4. ~子供の歯並び④~

歯並びの話題について

~子供の歯並び④~

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

 

子供の歯並び特集。

 

がんばっていきたいと思います。

 

年齢は6歳~9歳ぐらいです。

 

今回は、開咬です。

 

 

開咬?

 

 

初めて聞いた方もいらっしゃると思います。

 

 

開咬;奥歯で噛んだとき、前歯が閉じない状態です。

 

指しゃぶりの癖があるお子さんに多く見られます。

 

つば、食事など飲み込む際の支障が生じます。

 

飲み込むときに、舌が前に出て隙間をふさぐため

 

舌で前歯を押す癖があります。

 

舌の癖をなくし

 

くちびるが閉じる訓練をします。

 

こういった状況の子は発音にも影響がでます

 

そして常にお口を開けているので

 

口呼吸の原因にもなります。

 

口呼吸→口の乾燥→唾液が少ないので虫歯、歯肉炎になりやすい

 

口呼吸→のどの乾燥→のどが痛くなりやすい→風邪ひきやすい

 

いいことないですね。 

 

また、成長とともに開咬の問題が大きくなってしまうことがあります。

 

 

舌、くちびるの訓練だけでよくなるケースもあります。

 

それを併用しながら

 

小学生低学年からの骨格誘導が効果的です。

 

次回は子供の歯並び特集、最後のまとめです。

 

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎でした。