1. HOME
  2. 篠崎院長の知って得する豆知識
  3. 歯並びの話題について
  4. ~子供の歯並び⑤~

歯並びの話題について

~子供の歯並び⑤~

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

 

子供の歯並び特集最後になりました。

 

ホームページを見て少しでも

 

患者さんがお口の状況に興味を持ってほしい

 

そんな想いでいつもがんばって書いています。

 

 

さぁいきましょう

 

だいtだい年齢6歳~9歳

 

交叉咬合(こうさこうごう)

 

交叉?

 

交差でいいと思うのですが、

 

道みたいだからこのような漢字が残っているのかなぁ、、、

 

常用外の言葉です。

 

 

 

上下の奥歯が、本来とは反対に組み合わさっている状態。

 

上あごの幅が下あごにくらべて狭いために、

 

噛もうとすると左右どちらかにズレてしまいます。

 

同時に骨格もズレて、成長するに従ってゆがみが拡大します。

 

噛み合わせがずれてしまうためにしっかり噛めないうえ

 

成長とともにあごや顔のゆがみも拡大してしまします。

 

低学年から始めて成長期前に終わりたいですね。

 

大人になってから治療する場合は

 

骨格が完成しているため、手術が必要になることもあるので

 

こういった理由からも早めのチェックが必要ですね。

 

これで歯並び特集は終了です。

 

読んで頂けるとわかるように

 

歯並びに関しては、成長期前からの治療をすることによって

 

改善されることが多い。

 

個人差がありますが、

 

だいたい小学生低学年から加療を必要とすること

 

成長した後だと、問題が複雑になり、

 

難しくなってしまいます。

 

定期的に診ていれば時期を外すこともありません。

 

患者さんからの質問があればそのつどみなさんの質問事項として

 

ブログに掲載していきます。

 

 

 

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎でした。