1. HOME
  2. 篠崎院長の知って得する豆知識
  3. 歯を失った場合について
  4. ~自分の歯を移植って?~

歯を失った場合について

~自分の歯を移植って?~

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

 

ひどい虫歯で歯がダメになってしまった場合、

 

虫歯の分類で言うと

 

C4 分岐部まで虫歯が進んでいる場合

 

内容は治療別ガイドへ

 

自分の違う歯を

 

普段あまり活躍していない歯を(親知らずのような)

 

移植できることがあります。

 

歯が失ってしまった場合は

 

①ブリッジ

 

②入れ歯

 

③インプラント

 

この3つから選んでもらうことが多いのですが

 

色々な条件が揃うと移植が可能です。

 

最近では1本失うとインプラントを行うことがよくありますが

 

インプラントと違うよいところは、

 

①自分の身体の中のものを植えることができる

 

②抜いた歯には噛んだ感覚などを感じる膜があるため

 

 元通りに近い感覚が得られる

 

③保険がきく

 

 

移植は若いと成功率が上がります。

 

根が出来上がっていない状態であると

 

神経が生きた状態で歯を残すことも可能です。

 

だいたい18歳前後であるとその可能性があるとの報告があります。

 

しかし、

 

その時期を過ぎ、根が完成している場合は

 

神経は残せないですが、歯自体は残せる可能性があります。

 

データによると50%ぐらいの確率で歯を使えるようになります。

 

こういった治療もありますので

 

何かあればご相談ください。

 

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎でした。