1. HOME
  2. 篠崎院長の知って得する豆知識
  3. 妊娠前、後、子供との関連について
  4. ~妊婦さんのお口の健康~

妊娠前、後、子供との関連について

~妊婦さんのお口の健康~

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

 

最近妊娠中のお母さんがよく来られます。

 

そこで改めてお話している内容をまとめてみました。

 

今回は妊婦さんのお口の特徴からケアの仕方をお伝えします。

 

妊婦中のお口は、ホルモンバランスの変化によって歯ぐきに腫れを起こさせます。

 

また、妊娠初期に多い、つわりの影響でお口の中が不衛生になりやすいため

 

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすい環境になります。

 

 

歯磨きができないときは?

 

①奥歯を磨くとえずいてしまう。

 

→小さめの歯ブラシを使いましょう。

 

②歯磨き剤の匂いや味が気になる?

 

何もつけなくても大丈夫です。

 

③歯磨きがどうしても気持ち悪い場合は?

 

デンタルリンス(マウスウォッシュ)などでうがいをしましょう

 

食後にキシリトールを噛むのも効果的です。

 

虫歯菌を抑える作用があります。

 

 

歯科治療について

 

妊娠中の歯科治療は

 

妊娠5~8ヶ月ころの安定期に受けること理想的です。

 

治療を受ける場合は

 

歯科医師に妊娠中であることを伝えて、相談をしてください。

 

赤ちゃんの健やかな健康のために

 

歯周病;重度の歯周病があると早産や低体重児出産のリスクが高まります。

 

喫煙;早産や低体重児出産のリスクが高まります。

   自分以外、家族、周囲の人にもたばこを控えてもらいましょう。

 

飲酒;胎児の発達に障害を引き起こす可能性があります。

 

 

あくまで気をつけて頂きたいことです。

 

一人で考えてしまうといい方に向かわないことが多いです。

 

 

何でもご相談ください。

 

 

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎でした。