1. HOME
  2. 篠崎院長の知って得する豆知識
  3. 歯と全身との関連について
  4. ~子供の歯はいつからできるの?~

歯と全身との関連について

~子供の歯はいつからできるの?~

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

 

患者さんからはっとした質問があります。

 

 

 

子供の歯はいつからできるのか?

 

 

正直言ってすぐに答えられませんでした

 

 

胎児であることは間違いありませんが

 

 

何ヶ月からなのかしっかりとお答えすることができず

 

 

次までに必ずお答えしますと返答しました。

 

 

答えとしては、

 

 

歯は成熟する前に、歯胚と言って歯の卵が形成されます。

 

乳歯の歯胚は妊娠7週目です。

 

結構早い、、、

 

そして、石灰化と言って硬くなり始めるのは、妊娠4ヶ月です。

 

大事な永久歯の話ですが、

 

妊娠4~5ヶ月で歯胚ができ、

 

生まれるぐらいに石灰化が始まります。

 

乳歯に関しては、生まれる頃にはすでに出来上がっているんです。

 

統計をとって見ると

 

下の前歯が7ヶ月頃ぐらいまでには生えるといわれていますが

 

最近聞いた子ですと

 

一歳半健診で一本も歯が生えていなかったそうです

 

でもレントゲン写真とったら歯があって親御さん一安心

 

色々あるんだなぁと勉強しました。

 

話を戻しますと

 

胎児に歯は育つわけなので

 

お母さんの栄養は、お母さん自信の健康を保つと同時に

 

赤ちゃんの歯の正しい発育を促すためのものです。

 

そこで役立つのが食育です。

 

丈夫な歯をつくるためには

 

カルシウムとリン→歯の石灰化

 

タンパク質→歯の基礎

 

ビタミンA→歯の表面のエナメル質の形成

 

ビタミンC→象牙質の形成

 

ビタミンD→カルシウムの代謝や石灰化

 

歯の構造です。

 

妊娠したら、大切なお子さんとご自身のために妊婦健診を受診しましょう。

 

次回はお母さんが虫歯多い方への注意事項です。

 

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎でした。