1. HOME
  2. 症状別のメニュー
  3. あご

あご

あごが外れた時

あごの脱臼の対処はほとんどの歯科医院で行っています。頬骨のくぼみにあごの骨が戻らなくなっているため、奥歯の部分を持ち上げてもとに戻します。

痛み、口が開かない、音がする時

「痛み」「口が開かない」「音がする」の場合は顎関節症の可能性が非常に高いです。それぞれに応じた専門的な治療を施します。

また、歯ぎしりが原因で痛みが起きる場合もあり、その際には日中の生活指導、並びにマウスピースを装着し、顎の負担を軽減します。

半数以上の方が顎の周辺の筋肉の負担が原因であるといわれています。安静にすることをお勧めします。

あご関節に問題がある顎関節症

顎を動かしにくくなって口を大きく開ける事が出来なくなる、口を開け閉めする時にカクンとか、シャリシャリと音がする、口を開けると顎や耳の穴のすぐ脇にある関節が痛む、食べ物がよく噛めなくなる、顎の周辺やこめかみなどが痛む、首や肩がこる、などの症状があらわれます。

あごの骨と頭蓋骨の間のクッションが外れている可能性があります。詳しい検査で骨の状態を把握し、必要があれば専門医に紹介いたします。