• slide_image1
  • slide_image2
  • slide_image3
  • slide_image1
  • slide_image2
  • slide_image3
歯科衛生士って、思ってたのと違うある医院に勤める歯科衛生士は、最近こんなことばかり考えていた
実家からほど近くの歯科医院に入社して数年が経ったところで、
私は歯科衛生士として行き詰まりを感じていました。

チェアは 3台。
ほとんどが治療の患者様なので、私の主な仕事はアシスタントにつくこと。
ごくたまに、歯周治療の患者さんがいらっしゃったときだけが、自分が歯科衛生士なんだと
実感できる瞬間でした。

そんな時間ですら、ドクターは「歯石取りお願い、一気に済ませちゃってね」と一言。
症状なんて関係なし、最低限の治療でいいという考えでした。
重度の患者様に対して、どのように治療するべきなのか迷ったとき、先輩に相談してみても、
「なんとなく」「たぶん」「いつもこうやっているから」と、
腑に落ちないアドバイスが返ってくるばかり。
その他に話すことといえば、器具の準備や片付けを一方的に頼まれることくらいでした。

患者様の症状もいっこうによくならないし、そんなあいまいな先輩が自分の将来の姿かと思うと、
不安でたまらなくなりました。
歯科医院選びの落とし穴
学生の頃、描いていた歯科衛生士とのギャップを埋められず悩む日が
続きました。
ある休日、歯科衛生士学校時代の友達と食事をしたときのことです。
話題は、やはり仕事の話になりました。
でも、他の医院で働く友人から聞くのは、自分の知らない治療・単語・器具の名前…分からないことだらけでした。

話を合わせながら、内心、焦りを感じていました。
スタートは同じだったのに、いつの間にか、こんなに差がついていた
なんて…
この 3年で、私がやってきたことは何だったんだろう。
思えば、アシスタント以外の何もできない。

さらに、友達は続けました。
「今が、一番仕事に集中できる時間だよね。基礎をしっかり身につけることができれば、いずれ結婚・出産しても、即戦力として復帰しやすいだろうし」

このまま、今の医院で無駄に時間を過ごしている場合じゃない…!
家に帰り、ベッドに入った私は、友達の言葉を思い出しながら自分の
将来について考えていました。
「歯科衛生士」として
活躍したい
これまで「知識をつけてしっかりした治療の流れをつくりたい」と、セミナーや講習会へ行ったことも何度もありました。
しかし、医院側にそれを受け入れる体制がなかったので、何ひとつ変えることができずにいました。

そればかりか、院長から「セミナー代がかさむから」と否定的なことを言われたこともありました。

歯科助手の先輩に至っては、歯科衛生士に対するライバル心が強く、私が入社した当初から、私のことをとても嫌がっているのがわかりました。
立場上なかなか反論もできず顔を合わすだけで、「あなたがいなくても医院は困らないのよ」と言われているような気分でした。

頑張りたくても、方法が分からない。
頼りになる先生や先輩が欲しい…

そんな経験から、今度働くなら
○ドクターも歯周病治療に理解があること。
○先輩がたくさんいて、困った時には質問・相談できること。

できれば患者様は担当制で、責任をもって治療していきたい。
まず、こんなことが浮かびました。
しっかり働きたいけど、
しっかり休みたい
わがままかもしれませんが、働きやすさにもこだわりたいと思いました。
今の労働環境は、とても過酷に感じていたからです。

そもそも今の医院に入ったのは、学生の頃の実習先だったことがきっかけでした。
1年ほどお世話になっていたので、勝手を全てわかっているつもりで安心して入社しました。
でもそれは、大きな勘違いだったと、後になって気付きました。
当時は、いいところ・楽しいところばかりを見ていたわけで、すべてが見えていたわけではなかったのです。

そのことを一番痛感したのは「労働時間」でした。
学生の頃は、医院が定時で帰らせてくれていました。
しかし、当然、正社員となればそうはいかず、診療が 20時までといいながらも、急患・片付け・明日の準備…すべてを終わらせて帰る頃には22時を回ることがほとんどでした。

若いうちならまだしも、これが一生続くのか…と思うと不安で仕方ありませんでした。
しかも今後はさらに歯科医院の競争が激しくなり、休日診療や、夜遅い時間の診療を行う医院さんが増える傾向にあることを知っていたので、一生は続けられないかも…と思っていました。

○できるだけ働きやすい環境がいい。
○ライフステージを経ても働ける環境や、その実績がある。

シンプルですが、長く勤めるために大事にしたいことだと思いました。
私にとって「運命」の歯科医院とは
ついに、私は求人情報を探し始めました。
仕事が終わると、家に帰ってスマートフォンで情報を集めるのが日課になっていました。

そんなある日、ある求人が目に留まりました。
そこには「歯科衛生士9名在籍。その秘密は、当院の働きやすさにあります!」の文字。
私の心の中を、そのまま表した求人でした。
その医院の特徴をまとめると、こうでした。

○はたらきやすい環境です!木・日・祝日休み。土曜日は16:00まで。

○入社半年後から、有給休暇取得が可能です!

○セミナー、講習会全額補助。県外も OK!応援します!

○フリーランスの歯科衛生士によるセミナー・院内勉強会など充実しています!

○結婚・出産を経て活躍するスタッフが何人もいます!

○患者様は担当制。歯周病治療に集中できる環境があります!

○スタッフ同士仲が良く、教育制度も充実しています。
 初めての方でも一緒に頑張りましょう!

○残業はほとんどありません!
 プライベートとの両立を考えている方にも安心です!
 あまりにキレイな言葉が並んでいたが最後に一つだけ、こんな欠点が記載されていた。

○すみません、でも実はうちの歯医者…とっても狭いので、通路を譲り合ってくれる
 優しい方でないと難しいかもしれません。笑


これが、わたしとカルナデンタルクリニックの出会いでした。
こんにちは!院長の篠崎章敬です。

カルナデンタルクリニックでは現在9名の歯科衛生士が働いてくれていますが、開業当初は3人からのスタートでした。そこから「ドクター以外は歯科衛生士のみ」というスタイルにこだわりスタッフを増やしていきました。

カルナデンタルクリニックが歯科衛生士の採用にこだわるのは、理由があります。
かつてのカルナデンタルクリニックは、むし歯の治療がメインの、ごく普通の歯科医院でした。
しかし、定期検診で防げたはずの虫歯や、歯周病がどんどん進行していく患者様を数多く目の
当たりにし、削って詰めるだけの治療を続けていることにジレンマを感じていました。

本当の意味で、患者様のお口の健康を守るためには、予防歯科や歯周病治療の専門家である、
歯科衛生士の存在が必要だと、思い切って歯周病治療専用のフロアを作ることを決心しました。
しかし、当時の私には、歯周病治療の分野において、歯科衛生士のスタッフを的確に指導できるほどの知識や技術はありませんでした。

そこで、フリーランスで活躍される歯科衛生士の先生を講師としてお招きすることにしました。
スタッフが診療の中で生じた疑問や技術的な問題を、歯周病治療の第一線で活躍する先生から学べる体制を作りました。
治療の裏付けとなる存在ができたことで、スタッフは自信を持って治療を行えるようになって
いきました。
同時に、歯科衛生士の方に安心して長く働いてもらえる環境を整えることを考えました。

歯科衛生士の方が本来の役割を果たすためには、その基盤を安定させる
ことが必要だと考えたのです。

嬉しい誤算もありました。
スタッフが安心して働ける環境があることで心に余裕が生まれ、
「もっと患者様のためにできることはないか」と、
仕事に対してスタッフ自ら積極的に取り組んでくれるようになりました。

患者様にとってもメリットの発生する、非常に良い循環を生み出すことができたのではないかと思っています。

新しい職場を探すことに、不安になっていませんか?
一人ではできないことも、同じ気持ちで働く仲間や先輩がいるなら、
あなたはもっと成長できるはずです。
ある1日の仕事の流れ
AM9:00
診療スタート
ドクターの診療補助を行います。
器具の準備や治療のアシストをします。
患者様の歯を健康に保つためには、歯科科衛生士と歯科医師との連携が不可欠です。
診療補助を通じて、歯科全般の知識と技術を身につけることができます。
PM 12:30
お昼休み
スタッフルームで、スタッフみんなで昼食をとります。
カルテの片付けや、ミーティングを行うことも。
診療の質問や、患者様の情報共有もできる時間です。
PM 14:30
診療スタート
歯周病治療専門フロアで、一人一人が担当の患者様の治療を行います。
カルナデンタルクリニックには専用のチェアが3台あり、ここで活躍するのはドクターではなく
歯科衛生士のあなたです。
タービンの削る音から離れ、落ち着いた空間でコミュニケーションをとりながら歯周病治療を
進めていくことができます。
PM19:00過ぎ
お疲れさまでした!
医院の戸締まりをして終了です。
歯科衛生士の数だけ、
働き方があります。
ここで挙げたのはほんの一例です。
下記の写真をクリックして、実際に働く先輩スタッフの声をぜひご覧ください。
松永 志織
朝日大学歯科衛生士専門学校
2012年3月卒
矢ヶ部 理恵
大垣女子短期大学歯科衛生科
2015年3月卒
増田 芽依
朝日大学歯科衛生士専門学校
2009年3月卒
森下 智美
岐阜県立衛生専門学校
2005年3月卒
安藤 靖子
朝日大学歯科衛生士専門学校
1996年3月卒
川嶋 春香
(フリーランス)

愛知学院大学短期学部 歯科衛生士科
2003年3月卒
戸澤 葉月
大垣女子短期大学歯科衛生科
2016年3月卒
高橋 みどり
朝日大学歯科衛生士専門学校
1998年3月卒
福井 幸代
大垣女子短期大学歯科衛生科
2001年3月卒
川瀬 百那
朝日大学歯科衛生士専門学校
2017年3月卒
伊藤 里奈
朝日大学歯科衛生士専門学校
2017年3月卒
安藤 悠夏
朝日大学歯科衛生士専門学校
2017年3月卒
最大3ヶ月の「お試し期間」が、
医院選びを確実なものにします。
あなたが、医院選びに迷い、行動に移すのをためらっているとしたら
「働いてみて、また思ったのと違ったら嫌だなぁ…」と、次の一歩を踏み出すことを
恐れているのではないでしょうか。

なぜそのようなギャップが生まれるのか?
原因は、入社までの過程にあります。

医院見学や数日間の体験入社を受けて、入社となる流れが一般的ですが、仕事内容や、医院の仕組み、スタッフの雰囲気などをしっかりとチェックしていただくには、
それではあまりに短すぎるのではないでしょうか。

歯科医院選びは、あなたにとっても医院にとってもいいものでなくてはなりません。

そこでカルナデンタルクリニックでは、本採用までに以下の流れを取っています。
医院見学
体験入社(数日間)
入社(お試し期間3ヶ月)

1ヶ月目 意思確認
2ヶ月目 意思確認
3ヶ月目 意思確認

本採用
最大のポイントは、本採用の前。
3ヶ月間の「お試し期間」です。

この期間には、月に一度、あなたが引き続き働いてみたいかどうか聞いていきます。

もし「違うな…」と思ったら、その時点で教えていただくことができますし、気に入ってもらえたのであれば、そのままをお試し期間を継続していただけます。

お互いのことをしっかり理解するために時間をかけて、納得して進めていきましょう。
最後に
カルナデンタルクリニックの取り組みに少しでも興味を持たれた方、
まずは一度、見学にいらしてください。

実際の医院の雰囲気を、是非感じていただきたいです。
どんな職歴・経歴の方でも結構です。

見学のご予約は簡単です。
下記フォームから、お申し込みください。

それでは、お会いできるのを楽しみにしています!
募集要項
募集職種 歯科衛生士
診療科目 一般歯科、小児歯科、矯正歯科、予防歯科、インプラント、審美歯科、在宅訪問診療、口腔外科
採用人数 3名
年齢・経験年数 不問
診療時間 【平日】9時00分~12時30分(最終予約12時00分) 14時30分~19時00分(最終予約18時30分)
【その他特定曜日・土曜日】9時00分~16時00分(最終予約15時30分)
勤務時間 【平日】8時30分~19時30分(休憩2時間)
【その他特定曜日・土曜日】8時30分~16時30分
【時間外】診療後に片付けが15分程度あります
休日 【年間休日】125日間、日曜・木曜・祝祭日
【夏季休暇】3日間+日祝
【年末年始】3日間+日祝
【有給休暇】法律に準拠します
給与 支給総額210,000円+交通費実費(上限無し) ※経験者:応相談
基本給:160,000円 資格手当:33,500円 能力手当:6,500円
皆勤手当:10,000円
残業代:1分単位での支給(上限なし)
通勤手当 全額支給
定期昇給 年1回 5,000円~
退職金 有り ※3年以上勤められた方
福利厚生 歯科医師国保
雇用保険
厚生年金
失業保険
労災加入
健康診断(年1回)
感染予防ワクチンの接種
インフルエンザ予防接種補助金制度
>医療・介護機関向け福利厚生サービス @Benefit
試用期間 お試し期間3ヶ月
通勤条件 自宅外通勤可(アパ-トなど)・マイカー通勤
見学希望 医院ウェブからのメール、電話でお問い合わせ下さい
選考方法 面接
試験日時 随時
提出書類 履歴書・(健康診断書は正式面接時に提出)
電話番号 0584-81-8822 : 院長 篠﨑 章敬(しのざき あきたか)
医院名称 Carna Dental Clinic(カルナデンタルクリニック)
所在地 〒503-0802 岐阜県大垣市東町4-1-5 小野小学校前
エントリーフォーム
氏 名
ふりがな
生年月日
連絡先(TEL)
E-mail
E-mail(確認用)
郵便番号
住所