先輩スタッフの声

母から、歯科衛生士になって良かったでしょと言われました

高校卒業後の進路を考えたとき、母に歯科衛生士の資格を勧められました。当時、私は歯科衛生士という仕事のことを知りませんでした。そこで、歯科衛生士の専門学校のオープンキャンパスに行ってみて、先生と学生がフレンドリーな感じでいいなと思い、進学を志しました。

専門学校では人生で一番勉強したと思います。私は基礎科目が苦手で、医歯科には関係ないと思える化学では特に苦労しました。クラスメートと一緒にテスト勉強に励み、ピンチを切り抜けました。仲間がいたから乗り越えられたのだと思います。中学・高校時代に所属したバレー部での【チームの力を自分の力にできる】経験を活かせたのだと思います。カルナへの就職は、専門学校の就職説明会がきっかけでした。

歯科衛生士になった直後は、スケーリングや患者さんの口腔内に触れたりするのがとても緊張しました。少しずつ慣れてくると患者さんとの会話も増えてきます。
スケーリングで状態がよくなってきて患者さんから、喜ばれるとやっぱり嬉しいですね。
今から思うと治療の説明も最初は不十分だったと思います。最近、説明が患者さんに伝わったなと感じたときは、この仕事をやっていて良かったなと思います。

母からは「歯科衛生士になって良かったでしょ」と言われました。歯科衛生士になって、2年になります。これから、もっとやってみたいことは、ホワイトニングです。歯が白くなった時の患者さんの反応が嬉しいです。

後輩へのアドバイス

国家試験は、何度も模試を繰り返して、毎日遅くまで図書館で勉強しました。勉強が本当に嫌だ!と思うことも。でも絶対歯科衛生士になりたいと思ってクラスメートとがんばりました。

先輩スタッフの声

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog