先輩スタッフの声

最初、とまどいはありましたが慣れてくるものですね

歯科衛生士になろうと思ったのは…
小学校6年のときに歯の優良児として郡大会にでることになり、歯医者さんで指導を受けることになりました。そのころは歯科衛生士という資格は知りませんでしたが、それが歯科に興味をもつようになったきっかけです。

でも高校では、バスガイドにあこがれ、進路相談では先生にそのことを伝えました。あこがれだけで話しているのが先生にはわかったらしく、他の進路も考えるように指導されました。そのときに歯医者さんのことを思いだし、歯科医院で働くということを意識し始めました。

悩んでいる私に父が、まずはアルバイトで経験してみたらどうかということで、高校生でもアルバイトできる歯科院を見つけてくれました。高校1年生の終わりの頃から受付、バキューム、セメント練りなどの歯科助手業務を行うようになって、楽しかったという思い出があります。そこは先生と奥さんの二人だけの医院で、奥さんが歯科衛生士でした。
進学は迷うことなく歯科衛生士学校を目指すことになりました。そして入学後もアルバイトを続け結局、歯科衛生士の国試直前まで続けました。

歯科衛生士になってみてどうですか…
就職先を探すときに、学校の先生や先輩からいろいろとアドバイスをもらい、いくつかの医院に見学に行きました。その中のひとつがカルナデンタルクリニックです。
実際に医院で働くようになると、最新設備とパソコン操作など学校とアルバイト先では経験していなかったものがたくさんありました。最初、とまどいはありましたが、慣れてくるものですね。覚えるのに精一杯の頃は患者さんとコミュニケーションをとる余裕があまりありませんでしたが、今では患者さんのお子さんまで来院してくれるようになり、家族ぐるみでおつき合いできるようになりました。SRPであきらかに歯ぐきの状態が良くなっていくのがわかるときもうれしいですね。最初のころと一番違うのは自分で考えて動けるようになったことです。

後輩へのアドバイス

ウワサ話よりも自分の目と耳で確かめてみる。結局、働くのは自分だから。私の場合、ラクかどうかで判断しようとした時期もあったけど、それよりも「飽きないか」も考えてみました。飽きてしまったらせっかく苦労して受かった歯科衛生士資格を長く活かせることも、仕事を楽しむこともできなくなってしまいます。

新たな診療技術や診療機器を取り入れている歯科医院は最初こそ覚えることがたくさんあって大変だけど、そういう医院の方が飽きないで仕事を続けられると思って就職活動をしました。

先輩スタッフの声

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog