先輩スタッフの声

インターンシップで歯科医院の職業体験

高校のとき歯科衛生士希望の友人がいて、彼女に誘われてインターンシップで歯科医院の職業体験をしました。
最初は制服のかわいさに心がときめきました。
でも体験の中で歯科衛生士と歯科助手という仕事を知り、私も歯科衛生士を目指すことになりました。
彼女には感謝です!

就職先を真剣に考え始めたのは
学校での歯科医院の合同説明会

就職先を真剣に考え始めたのは学校で行われた歯科医院の合同説明会でした。
午前と午後、合わせて50以上の歯科医院の方たちが説明して下さいました。
就職するなら通勤が楽で、雰囲気のいい医院で、お給料も良いところと決めていました。
これは私だけでなく多くの人がそう思っていると思います。
カルナデンタルクリニックは自宅から通勤しやすい医院だったので、しっかり聞こうとしたせいもありますが、とにかく説明して下さった安藤さんたち3人の雰囲気がとてもフレンドリーで医院の雰囲気がいいんだなということが、説明を聞いている私たちにも伝わってきました。
ですからお話して下さった多くの医院の中でもひときわ強く印象に残りました。

制服に着替え半日間かけてすべてを見せて実習をして下さった
医院見学は印象に残った3つほどの医院にお伺いさせてもらいました。
他の医院見学の時は1時間から2時間程度の院内見学とお話でいずれも丁寧に対応して下さいました。
ところがカルナデンタルクリニックは、制服に着替え半日間かけてすべてを見せて実習をして下さったという印象でした。
見学前に抱いていた雰囲気のいい医院という印象がより強く私に芽生えました。

残るはお給料が良いかどうかです。
幸い、カルナデンタルクリニックには学校の先輩がいましたのでこっそり尋ねてみると「悪くないわよ」と微笑んでおられました。
入社して3ヶ月ほどになりますが、できることが増えてきて楽しく感じています。
治療方法や手順がマニュアルにまとめられていて最初はマニュアルを見ながらしかできませんでしたが、いくつかのことは指示を受けなくても準備ができるようになってきました。

雰囲気のいい医院というのは単に仲間内の仲が良いのではなくて、仕事がスムーズにできて、成長していく自分を感じられるもっと大きな環境があるのが大きいと思います。
まだまだ先輩から「大丈夫?」と声をかけられる存在ですが、来年は「大丈夫?」と声をかけてあげられる存在になりたいですね。

先輩スタッフの声

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog

  • Blog