1. HOME
  2. 症状別のメニュー
  3. 詰め物(取れた・挟まる)の治療・調整

詰め物(取れた・挟まる)の治療・調整

むし歯の治療で削った後、詰め物をします。詰め物により、健康な歯のように噛めるようになります。
しかし、詰め物の箇所に、食べたものが挟まったり、何かのタイミングで詰め物が取れることがあります。このような場合痛みがないこともありますが、詰め物に違和感がある場合は早目に受診しましょう。詰め物の部分からむし歯や歯が欠けてしまうことがあります。

詰め物が取れた場合

治療した歯の詰め物が合わなくなり、二次的な虫歯になると、詰め物がとれます。
詰め物が取れた場合は、すぐに歯科に受診しましょう。元々歯を削った部分は歯質が弱いので、むし歯の進行が早くなります。

虫歯になって詰め物が取れる

治療から時間がたっていたりすると、詰め物の周辺がむし歯になる場合があります。また、歯のかみ合わせの癖や圧力から徐々にとれてくる場合、いわゆる歯ぎしり・くいしばりによって、とれてくることもあります。

詰め物が壊れり破損して取れる

時間がたつにつれて、詰め物が欠けてしまったり、接着剤の劣化で、詰め物が取れてしまうことがあります。

「費用について」詳しくはこちら

詰め物に挟まる場合

食べ物が挟まっていると、むし歯他歯周病になりやすくなります。
噛み合わせがあっていない場合も考えられます。

詰め物の表面がザラザラしている

表面が滑らかでない場合、食べ物などが引っかかりやすくなります。詰め物はていねいに研磨することで滑らかにすることが可能です。

歯の噛み合わせや間隔が悪い

噛み合わせや間隔も詰め物を合わせ治すことによって防ぐことができます。

「費用について」詳しくはこちら