1. HOME
  2. 症状別のメニュー
  3. 歯ぐきの出血・変色

歯ぐきの出血・変色

近年では、歯周病の原因菌が糖尿病や心臓病、肺炎などの疾患とも関連することが明らかになってきました。歯周病を放置すると、細菌が血液を介して全身を巡り、深刻な病気に発展することがあるのです。歯周病の早期発見・早期治療は、お口だけでなく全身の健康を守るためにも大切なのです。

出血の原因

歯周病による出血

歯周病で歯茎が腫れ血が出ることがあります。

「歯周病の治療について」詳しく見る

ブラッシングによる出血

硬すぎる歯ブラシで磨いていたり、過剰に磨きすぎたりすると、歯ぐきを傷つけて出血することがあります。
その場合、自分の症状に合った歯ブラシを処方してもらう必要があります。

血液の疾患やがんによる出血

お口の中は歯以外すべての場所でがんになる可能性があります。特にじわじわとした出血の場合、歯肉がんやなんらかの血液の病気が考えられます。

血液の疾患やがんによる出血

お口の中は歯以外すべての場所でがんになる可能性があります。特にじわじわとした出血の場合、歯肉がんやなんらかの血液の病気が考えられます。

歯ぐきの変色

多くの場合は歯周病が原因だと考えられます。歯周病の治療では、歯周病菌のすみやかな歯石のクリーニングを行います。
歯石を取り除き、正しいブラッシング法を続ければ、健康なピンク色の歯ぐきを取り戻すことができます。

ニコチンによる変色

タバコが原因で歯ぐきが黒ずむ場合もあります。この場合は、レーザーまたは薬液を使った脱色方法で歯ぐきをきれいにできます。

その他の場合

歯周病やタバコ以外で歯ぐきが黒ずんだり、白くなったり赤みを帯びているのは、悪性黒色腫、白板症、扁平苔癬などの可能性があります。精密検査によってこのような病気が認められる場合は、医療機関をご紹介いたします。