1. HOME
  2. 症状別のメニュー
  3. 歯並び(噛み合わせ)

歯並び(噛み合わせ)

歯並びが悪かったり、噛み合わせが合わない場合には歯の中の症状はもちろん体の他の部分に影響が出たりする場合がございます。

  • ・歯がしみる
  • ・歯がぐらぐらしている
  • ・肩こりや不眠に悩んでいる
  • ・歯ぎしりがひどい

歯並びや噛み合わせの治療

もともと歯並びや噛み合わせが悪い場合

金属の枠のようなものを歯に取り付けて、少しずつ歯並びを矯正する治療を行います。

後から歯並び、噛み合わせが悪くなった場合

もともとは正常な歯並び、噛み合わせが、後天的な理由で少しずつ悪くなった場合、
歯周病もしくはどこかの歯がなくなったことが、原因のほとんどです。

噛み合わせの異常は、不調を引き起こす

もともと歯並びや噛み合わせが悪い場合

噛み合わせが悪いことで、歯や歯ぐきに痛みを感じることがあります。
その場合は、痛みをなくす治療をした後、噛み合わせを調整することもありあります。
噛み合わせが悪いと、歯の痛みだけではなく、肩こり、めまい、頭痛、吐き気などを引き起こすことがあります。
首の周囲にはさまざまな筋肉が集中しており、過度なストレスがかかると肩こりなどの症状が起こるのですが、噛み合わせも原因のひとつと言われます。

歯並びを治すメリットについて

歯列矯正のメリット

歯並びを改善することで下記のようなメリットがあります。
治療は骨格の形が形成される前できる限り早めに治療をおすすめしております。
・歯周病、虫歯を予防
・食べ物をしっかり噛める
・歯の隙間が無くなり発音が明瞭になる
・口臭の改善
・見た目、コンプレックスの改善

矯正治療は、歯を削ったり被せたりせずに、 自分の持って生まれた歯を理想的な位置に導く治療です。長い人生の数年間治療することによって、将来にわたって健康でより長く自分の歯を保存するための治療、すなわち歯科治療の中で最高の予防的な治療と考えてもよいと思います。