1. HOME
  2. 症状別のメニュー
  3. 歯が取れた(無い)場合

歯が取れた(無い)場合

失った歯の治療には、主に「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」「何もしない」の4つがあります。
それぞれの治療にメリットやデメリットがあります。
※何もしない場合は今後起こり得る可能性として、噛み合う歯が出てきたり、隣の歯が削れてきたりする可能性があります。

歯が取れた場所によっては、治療が必要ない場合があります。
例えば、抜けた歯が親知らずだったり、奥歯で歯もなかったりする場合で噛み合わせのバランスがとれていれば治療をする必要はありません。

失った歯の治療について

  • 無料カウンセリング

    無料カウンセリング歯の治療について、歯がなくて、どのように困っているか今後どのようにしたいかなどお悩みをヒアリングさせていただいた上で治療の方向性を説明させていただき、一番良いと思う治療方法を選択頂きます。

  • 入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)

    入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)最も一般的な治療方法となります。入れ歯の種類については「総入れ歯」、「部分入れ歯」があります。すべての歯がない場合は総入れ歯になりますが、そうでない場合でも、取り外し可能な部分入れ歯にすることができます。

  • ブリッジ

    ブリッジ歯の本数がある程度残っている場合は、その両隣にある歯を支えとしその間に人口の歯を入れるブリッジという方法があります。 取り外し等が容易です。

  • インプラント

    インプラント失った歯を自然の歯に近い状態に復元する治療の一つにインプラントがあります。入れ歯やブリッジと比較すると、自然の歯にもっとも近い状態に復元することが可能です。治療費が高額になりますが、自然の歯に近いため強い力で噛んだり、メンテナンスがアラクになります。治療が終わるまでに半年~1年の時間がかかります。